株式会社シェアメディカル 峯啓真

社長略歴

氏名:峯 啓真(ミネ ヨシマサ)
役職:代表取締役CEO
生年:西暦1972年生まれ

2006年、株式会社QLifeの創業メンバーとして口コミ病院検索QLifeを始めとした
同社のWebサービスの立ち上げに参画。『収益を生む制作チーム』をコンセプトとして、
医療ビジネスを多く立ち上げる。 2008年iPhone上陸と同時にスマートフォンの
医療分野での親和性ををいち早く見いだし、添付文書Pro、医療ボードProなど
医療アプリの事業化に成功。 2014年、より臨床現場に近い
医療サービス企画を目指し株式会社シェアメディカル創業。

企業概要

企業名:株式会社シェアメディカル
所在地:東京都千代田区大手町
設立年:西暦2014年9月1日

事業内容

「医療とITをつなぐ」をテーマに医療者個人または医薬企業に集約されている様々な知見、
ノウハウ、情報を医療ICTを活用し整理、集約、流動化する仕組みを実現していきます。

■Medical Platform Division(医療プラットフォーム事業)
自社開発の「メディライン」を中心として様々な自社サービスの開発・運営を行います。
また他社医療システムとの積極的な連携なども行っています。

■Medical ICT Deveropment Division(医療ICT開発事業)
医療系システムの設計、要件定義など上流工程を専門とし、
医療分野におけるAI、IoTなどの研究開発などを行っています。
弊社では、協力医師、薬剤師など多くの医療者とのパートナーシップを有しており、
定期的なインターンなどを通じて臨床現場での課題発見能力の高さが
特徴でもあり臨床中心での製品開発を心がけています。
更に、国内・ヨーロッパに開発拠点・強力なパートナーネットワークを有しているので、
要件に沿って様々な言語、サーバー環境を柔軟に取り入れることが出来ます。

■Medical Planning Division(医療企画事業)
様々な情報が溢れる現代で、WEBサイト(メディア)をつくっても、
ただ作っただけでは、医療者に見てもらえる可能性は非常に少なくなってきています。
弊社は、医療メディアの構築実績から大手メディア運営経験者、
メディアコンサルタントといったフロントエンドのメディアを
運営するための最高のメンバーが揃っています。
従ってネットだけにかかわらず、時にはセミナーの企画やコンソーシアムの立ち上げなど、
ネット以外のリアルな関係構築手法をとる事もあります。価値を最大化することだけを考えています。
弊社はお客様と共に、有益な正しい情報を提供するための仕組み作りを提供致します。

パソナキャリアのアカウントをフォローして業界トップの声を受け取る
facebookで情報を受け取る
twitterで情報を受け取る